敷地選びが大きな影響をもたらす注文住宅の家

敷地選びが大きな影響をもたらす注文住宅の家

注文住宅の大きなメリットといえば、やはり設計の自由度が高いことでしょう。
建物の外観デザインから室内の間取りやインテリア、さらに家まわりの庭や駐車スペースまで、あらゆる部分を自分たちの理想どおりに設計することが可能です。
そして建物の設計だけでなく、建築する土地を自由に選べるのも、注文住宅の大きな魅力。
ただし建物ばかりに気を取られて、敷地選びをおろそかにしてしまうケースも、実は少なくありません。
理想的な住まいを注文住宅で手に入れたいなら、まずは建築予定地からしっかり見極めることが重要です。
というのも、選んだ土地しだいでは、自分たちが求める家づくりが困難になることも、十分にあり得るからです。
例えば中高層の住まいを希望したのに、建築予定地が高さ制限や日陰制限に抵触して、諦めることに。
あるいは駅やバス停から遠い土地を選んでしまい、日々の通勤通学に大きな負担がかかる、コンビニやスーパーが周囲に少なくて買い物に苦労する、病院やクリニックが遠方にしかないために、救急時に不安がある等、これではせっかく自由設計の注文住宅も台無しです。
したがって家そのものに大きな影響をもたらす敷地選びについては、特に力を入れるべきでしょう。

注文住宅の契約で気にしておきたい事は一体何か

注文住宅の契約をするにあたり、いくつか気にしておきたいことがあります。
気にしておきたいことの1つは、住宅の環境かもしれません。
住宅を建築する前の段階で土地を所有している家土地を購入するはずですが、すでに所有している場合は周りの環境を気にする必要はありません。
しかしながら、新しく土地を購入してその上に住宅を建築する場合には、周りの環境はよく確認をしておきたいところです。
加えて、注文住宅の建築会社のこともよく知っておかなければいけません。
建築会社によっては、違法な建築をするようなところもありますので、事前に過去の実績などを確認しておきましょう。
実績がよくわからない場合には、口コミや評判を確認しておくだけで随分と結果が異なることがあります。
一般的には、インターネット上の口コミでも良いですが、それだけでは充分でないことも考えられるわけです。
この場合には、知っている人からその情報を聞いてみるのが良いです。

著者:永沼昭宏

筆者プロフィール

静岡県浜松市生まれ。
後悔のない家づくりのために、注文住宅の知識や敷地選びについて発信しています。