理想通りのマイホームを注文住宅で建てる!身につけておきたい知識まとめ

マイホームを建てるからには、理想通りの住まいを実現させたいものです。
そんなときにはあらゆる要望に応じることが出来る注文住宅がおすすめと言えます。
当サイトでは、実際に家をつくる際に知っておきたい基礎知識や敷地選びなどのコツをまとめました。
最も大切となる資金計画にも触れています。
これから住まいを建てる人にはぜひ知っておいてほしい情報が満載です。
難しいことはありませんので、一通り目を通しておくことをおすすめします。

理想通りのマイホームを注文住宅で建てる!身につけておきたい知識まとめ

上手なマイホーム作りの第一歩は、自分たちにとってどのような家が理想の家なのかをしっかりと把握しておくことです。
注文住宅をオーダーする前に、優先順位を決めましょう。
デザイン性・使いやすさ・コンセプトなどは紙に書きだしてまとめておくと便利です。
注文住宅メーカーの中には、あらかじめ模型などでわかりやすく理想の注文住宅を見せてくれる会社もあります。
こうしたサービスを利用するのも良いことです。
理想としては、その後建築家やハウスメーカーと注文住宅の土地探しも出来ると、より良い家に仕上がります。

注文住宅で家を建てるのなら入居後の生活のシミュレーションは欠かせない

注文住宅は自由に間取りを決められる以上、家を建てるのであれば入居後の生活のイメージ、そしてシミュレーションが欠かせないのではないでしょうか。
希望を盛り込むだけの注文住宅は、実際に住んでみると想像と違って感じられたり、違和感を覚えてしまう恐れがあります。
入居してからギャップを感じない為には、事前にしっかりとイメージを膨らませ、徹底的にシミュレーションして違和感を生まない間取りなどの設計を注文住宅に盛り込むことが大事です。
イメージは視覚情報が多くを占めますが、そこに動線を加えてシミュレートするのが望ましいです。
理想をいえばモデルハウスを作って実際に身を置いたり移動して確かめる方法ですが、現実的ではないので他の方法を考える必要があります。
モデルハウスに近いのは模型で、人形を使って家族の生活を1つ1つ確認するのがベストです。
注文住宅は後悔することが珍しくないですから、後悔せずに済むように、念には念を入れて入居後のことを確かめることが重要だといえるのではないでしょうか。

入居後に後悔する事のない間取りを徹底的に考えなければならない注文住宅

何のために注文住宅を建てるのかにもよりますが、あえて追加の費用がかかっても、敷地面積とか周辺環境の上では同じような条件を持つ建売住宅ではなくて注文住宅を選ぶからには、後悔することのないように気をつけなければお金をみすみす無駄にすることになります。
そして、その中でも最も大きな要素が間取りであることもまた間違いありません。
自分たちのライフスタイルを将来にわたってシミュレーションし、失敗したと思ってしまうようなことがないようにしましょう。
考えられるポイントとしては子供の人数とか成長後の姿、自分自身の老後とか場合によっては両親のことなどが挙げられます。
もちろん、現時点のことは徹底的に考えることができても、将来のこととなると数年後であっても100%確実な予測は難しく、20年も30年も先となると神様でもない限りは不可能かもしれませんが、それでも可能性をしっかりと考えておくことが将来の後悔を防ぐことにつながります。

注文住宅のデザインは自分たちが満足でき街並みにも合うものにしよう

自由設計の注文住宅であれば、もちろん建物の見栄えについても、自分たちの好みや希望に合った、満足できるデザインやタイプに仕上げることが可能です。
しかしいくら自由設計といっても、少ない知識で行き当たりばったりで決めてしまえば、結果的に後悔することにもなりかねません。
そこで注文住宅をデザイニングする際には、幾つかのポイントを抑えておくことが求められます。
例えば建物全体のタイプやスタイルを決めることも、その1つ。
一口に建物のタイプやスタイルといっても、和風から洋風あるいは和モダンや洋モダンなど、幅広く多岐にわたります。
このタイプしだいで、屋根や外壁をはじめ窓やベランダの形状、あるいは門扉や庭に至るまで、住まい全体のデザインが決まっていくといっても、決して過言ではありません。
したがって注文住宅のデザイニングでは、まず最初に基礎となるタイプやスタイルを決めてしまうことが、大切なポイントになります。
もう1つ忘れやすいのが、周囲の景観と調和を保つことです。
例えば近所には古風な日本家屋が建ち並ぶのに、自分の家だけが真っ赤な外壁や風変わりな形状をした屋根のように、奇抜なモダン建築では浮いてしまうでしょう。
実際に建築物を周囲の景観と合わせるように、一部の観光地では景観条例等で制限しているケースさえあります。
自由設計の注文住宅であっても、自分の家のことだけでなく、地域のこともよく考えることが肝心です。

注文住宅での家の建築で発生する想定外の費用は事前に要確認

注文住宅を建てるために必要になる費用にはさまざまなものがありますが、必要になることが想定されていないケースが多い費用もあるので注意が必要です。
例えば、家の表示登記にかかる土地家屋調査士報酬やつなぎ融資に関する手数料などが有ります。
登記が必要なことは分かっていても、想定されているのは権利に関する司法書士報酬だけの場合が多いです。
表示は中古物件なら既に存在しているので、改めて購入者が申請を行う必要はありません。
注文住宅は完成した段階では登記の無い不動産になるため、建物の表示の申請が必要になることを頭に入れておきましょう。
つなぎ融資に関しても中古物件では通常利用しませんし、新築でも建売住宅なら必要になりません。
過去に住宅購入の経験がある人でも、対象が中古住宅や建売住宅なら必要にならないものなので想定していないことが多い傾向があります。
後で資金調達に困ることのないように事前に確認しておくことが大切です。

著者:永沼昭宏

筆者プロフィール

静岡県浜松市生まれ。
後悔のない家づくりのために、注文住宅の知識や敷地選びについて発信しています。
安全・安心な注文住宅